予選1日目レポート

GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ

7月16日(金)、イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県稲敷郡阿見町)にて、女子プロゴルフトーナメント「GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ」が開幕しました。

選手・関係者等へのPCR検査実施や来場時検温等の新型コロナウイルス対策を行った上で、有観客開催となった本大会。開幕初日の予選ラウンド1日目には、1,056人の観客が集まりました。

この日、若林 舞衣子選手、野澤 真央選手、濱田 茉優選手が9アンダーでトップタイとなり、4位には7アンダーの石川 明日香選手、5位タイで6アンダーのユン・チョヨン選手、サイ・ぺイイン選手が続いています。

GMOインターネットグループ所属の脇元 華選手は1アンダーの46位タイで初日を終えました。

翌日の予選ラウンド2日目、どの選手がトップに立つのか。出場選手の活躍にご期待ください!

■GMOインターネットグループ所属 脇元 華選手のコメント
(後半について)
最終ホールはやはり悔しいです。
ボギー無しで来ていて、久々にノーボギーで終えられるかなと思っていたのに、そう簡単じゃなかったです。

(明日について)
今日みたいな暑さとの戦いだと思うので、一打一打集中していきたい。今日はいい集中力で回れたと思う。明日上位目指してバーディを獲りたい。
パットがずっと課題で2年ぐらい悩んでいるんですけど。狙ったところに打ち出せたら入ると思います。